システム開発

SYSTEM DEVELOPMENT

インターネットオークションシステムINTERNET AUCTION SYSTEM

オリジナルオークションを開催してみませんか?ヤフオク!のような機能を持つインターネットオークションシステムです。

参加者を限定してオークションを開催したい
不特定多数が参加可能な形ではなく、キャンペーンなどで期間中に一定額以上購入があったユーザーに参加権を与える場合や、信頼している業者間だけでの開催など、利用者を限定したい場合の設定が自由にできます。
オークション運営の経験・ノウハウがなく不安
弊社は設立以来オークションシステムに特化して事業展開してきました。 経験、ノウハウを活かし導入前のコンサルティングから導入後の運営面でもサポート致します! 実際に業界初オークション主催された企業様のプロデュース実績も多数ございます。
海外や遠隔地との取引をしたい
インターネット環境は時間・距離の概念を無くします。低リスクで海外進出や遠隔地との取引を行うことができます。また、海外との取引に使用された実績もございます。
機能一覧
ユーザー登録 フォーム入力形式。
入力項目は、氏名・住所・TEL・メールアドレス等の基本情報やメールの通知設定。
登録後の変更も可能。フォーム入力後メールが送信され本文中のURLをクリック後本登録。
ログイン ID/PWによる認証。
IDはユーザー登録時に設定したメールアドレス、PWはユーザー登録時に任意で設定。
出品入力 フォームまたはCSVによる入力。
(CSVはデータ項目別途調整)出品は1ユーザー(主催者)のみが可能。
入力項目は商品名・オークション方式・価格(オークション方式の選択を含む)
・オークション終了日時・フリースペースの商品詳細情報・画像最大3枚
商品検索 フリーワードによる検索
商品情報 一覧及び詳細表示。商品名・現在価格・オークション終了日時・
商品詳細情報・画像・入札金額入力フォーム
オークション方式 せり上げ・即決の2方式。オークション自動延長あり。
(終了時刻の一定時間前に価格が更新された場合)せり上げの価格幅は
初回に任意で設定(変更不可)終了時刻は1時間ごとの設定。
マイページ(ユーザー) 入札中または落札した商品情報の一覧及びステータス表示。
オークション終了商品の表示時間は調整可能
マイページ(出品者) 出品商品一覧及びステータス表示。オークション終了期間は調整可。
メール通知 会員登録時、入札時、落札時にメール送信。いずれもユーザー宛。

ライブオークションシステムLIVE AUCTION SYSTEM

一般的なインターネットオークションとは異なり、動画・音声を配信しながらリアルタイムにオークションを進行出来る新しい形のオークションシステムです

リアルタイムオークションとは何?

ヤフオク!に代表される一般的なインターネットオークションとは異なり、動画・音声を配信しながらリアルタイムにオークションを進行出来る新しい形のオークションシステムです。

何故リアルタイムオークション?

本来オークションは会場に人を集めて行うもの!
会場のオークションにインターネットで参加する仕組みとしてライブオークションは開発されました。中古品や古美術品等、それらの流通には市場が存在しオークション(競り)が行われ、そこで価格が決定します。より多くの人が会場に来ずとも足を運ばず、パソコンを利用して現地のオークションに参加出来る仕組みとして開発されました。
会場が無くても。オークション開催可能です。
元々は会場のオークションに参加する仕組みとして開発されましたが、 オークション会場が無くてもリアルタイムオークションのみで運営が可能です。

最速5秒でオークション結果確定!リアルオークションならではの瞬時の判断がカギ!
オークションのスタートから、終了まで早ければ5秒。 1秒単位の判断が勝負となる臨場感がリアルタイムオークションの醍醐味です。

画面イメージ
システム概要(オークション開催前)
システム概要(オークション開催中)
システム概要(オークション開催後)

導入事例(建機・トラックオークション)

手ぜり方式のままライブ応札を取り入れたパターン
現状での運用を大きく変更せずにライブ応札が出来るようになります。必要最低限のハードで構築することが出来ます。
会場のオークションスイッチ方式に変更してライブ応札を取り入れたパターン
機械的な応札が出来るようになります。スイッチ方式での応札は専用スイッチとスマートフォンのいずれかから行います。
手ぜり方式のオークションにスイッチ方式とライブ応札の両方を取り入れたパターン
現状の臨場感を残したまま機械的な応札が出来るようになります。 参加者は応札方法を選択することが可能になります。

導入事例(美術品)

手ぜり方式のままライブ応札を取り入れたパターン
現状での運用を大きく変更せずにライブ応札が出来るようになります。 必要最低限のハードで構築することが出来ます。 また、海外のライブ参加者に向けた言語・通貨対応も可能です。

導入事例(OA機器)

手競り方式を全てシステム化したパターン
毎週金曜日に商品点数2000-3000点ほどのOA機器を中心としたオークションを開催されております。 弊社のリアルタイムオークションを導入したことにより、出品数と参加者数が大幅に伸び、売り上げの 上昇に成功いたしました。

出品掲載サイト(オンラインカタログ)ONLINE CATALOG

オークション出品商品を掲載するWEBサイトの構築を行います。

会場で行われるオークションで、事前に出品商品を検索出来るサイトを構築します。本サイトでは、商品を検索するだけではなく入札予約(事前の入札)を登録する事も可能です。 また、オークション結果をサイトに反映する事も出来ます。この場合オークション結果を溜めて相場情報として公開する使い方も可能です。

導入例(中古自動車)

TOPページ

ログイン後TOPページ

出品検索一覧画面

出品車両詳細画面

出品車両詳細画面(入札)

相場検索(車両検索画面)

相場検索(相場表示板)

マイページ

TOPページ

ログイン後TOPページ

車両検索一覧

車両詳細画面

車両詳細画面(入札画面)

導入例(中古ブランド品業界)

■出品商品検索サイトとは オークション開始前に、事前に出品される商品を確認し、事前入札等が行えるサイトになります。 サイト上では、詳細な検索することも可能でカタログの役割も果たしてくれるサイトとなっております。 また、多くのお客様がこの検索サイトの情報を流用し、オークションへ商品を出品することを行っており 1つの入力作業で、オークションとサイトの商品2つを登録できるという機能となっております。

出品検索条件入力ページ

出品商品一覧ページ

出品商品詳細ページ

オークション業務管理システムAUCTION CORE SYSTEM

各種オークション会場及び市場で、開催及び通常業務に必要なデータ管理を行うシステムの開発を行います。


主な機能
出品管理 入庫 オークション出品商品が会場に入庫した事を管理します。
該当商品の入庫時刻、及び出品者と申請される落札希望価格の管理を行います。
検品 出品商品のコンディションチェックを行います。
ダメージの箇所の記録及び評価点の設定を行いこの内容を登録します。
撮影 出品商品の撮影を行います。
撮影画像は出品カタログ(紙・WEB)、またオークション開催中に現在競られている商品情報を表示する為に使用されます。
商品登録 出品商品の詳細情報を入力します。
ここで登録された内容が各種商品情報表示に利用されます。
出品商品
カタログ
オークション開催前に該当の開催日にどのような商品が出品されているか、またスタート価格等を確認出来ます。 予め登録された商品情報と、撮影された商品画像をもとに商品情報掲載サイトもしくは商品カタログを作成します。 また商品情報掲載サイトではオークションに参加出来ない場合に、いくらまでなら入札しても良いかを事前に登録する機能(入札予約)が出来る機能があります。
オークション
進行管理
結果登録
オークション現在価格の表示及び結果の登録を行います。
手ぜり:会場に集まったオークション参加者が示す落札希望額を元に、オークション進行役(コンダクター)が現在価格と落札権利者を決定します。オークションシステムは、この現在価格を会場のプロジェクターに表示させる事と落札決定時に落札額と購入者の情報を記録します。
機械ぜり:中古車オークションの標準的なオークション方法です。現在オークション中の出品商品の表示から、オークションスタート、結果確定まで全て専用のオークションコントロールシステムで制御します。入札者は応札専用のボタンを押下する事で現在価格をせり上げます。
上記のようなせり方式でオークション結果(落札/不落札)・及び落札価格を決定します。また不落札だった商品に対してはオークション後にいくらなら購入するという意思を伝えて商談する機能もあります。
会員管理 会員登録 オークションに参加する会員の情報を登録します。
クレーム管理 落札商品に対してのクレーム発生時の管理を行います。 主催者である会場は出品者とやり取りを行い該当クレームはどちらに責任があるのかを判断して結果を登録する機能になります。
入出金管理 精算書作成 出品に対しては支払・落札に対しては請求の明細を作成します。 精算書はWEBサイトで表示させる方法、自動FAXで送信する方法等様々な送信方法に対応しております。
入出金登録 精算書の出力結果を元に、入出金を行いその内容の登録を行います。 入金データについては精算完了かのステータスを以降の配送管理にて利用します。
配送管理 配送管理 落札された商品は入金データを元に発送可否について状態を管理します。 また不落札だった商品についても出品者への返送を行う管理を行います。

スマホ商品撮影Smartphone Product Registration

オークション出品商品の登録をスマートフォンを用いて行うシステムの提案を行っております。

オークション出品商品の登録をスマートフォンを用いて行うシステムの提案を行っております。 今までは出品登録に商品登録用のパソコン・商品撮影用のデジカメを用意しなければならず、商品登録業務の効率が上がらなかったお客様の業務改善に役立つシステムになっています。

何故スマートフォンなのか?

場所を選ばず登録可能。(4G、Wifiが利用可能であれば) →室内・室外問わず1つのアプリで登録作業が可能です。

一般的なスマホ端末であれば利用可能。専用端末で用意する必要が無く、社用携帯がスマホであればこれにインストールすれば利用可能。 →限られた端末で業務を行う必要が無く、登録拠点・人数を増やす事が可能です。

WEBの技術を利用しているのでリリース後の改修及びメンテナンスが比較的容易。また商品情報・商品画像が1か所のサーバーに集約されるので情報確認のタイムラグが少ない →システムを1から構築するよりも、安価にスピーディーに対応可能です。

音声認識・位置認識・バーコード読取などの機能が、スマホアプリ用のモジュールとして利用可能なので安価に開発が可能になる。 →通常スマホで出来る事は導入出来る。

中古建機での利用事例

建機取扱業者様向けの ①車両撮影 ②車両情報登録 の業務をスマートフォン1つで行えるシステムです。 ※スマートフォンだけでは無くPCからの入力確認も出来ます。

①車両撮影 現状はデジカメで撮影後に、PCに接続してどの画像がどの車両の画像かを紐づけしていたが、スマホで撮影前に車両のIDを入力して撮影し、すぐクラウドサーバー上に保存。 →画像情報のリアルタイム共有・撮影作業効率化

②車両情報登録 車両情報はデジカメで撮影し査定書に記載の内容を別途PCで入力していましたが、スマホのカメラで撮影し情報をいつでもどこでも複数端末で共有出来るようになります。 →登録作業の簡素化・リアルタイム共有化(査定員のレベルの差による査定業務のムラを無くす)

利用イメージ
画面イメージ

ログイン画面

建機一覧画面

建機登録画面①

建機登録画面②

建機登録画面③

建機登録画面④

本システムはお客様の運用に合わせてカスタマイズしてご提供しております。まずはお気軽にお問い合わせください。

走行メーター管理システムOdo Meter Management System.

中古車取引におけるメーター巻き戻しを未然に防ぎます

走行メーター管理システムとは、中古車オークションシステムに出品される車両に対し、 走行距離の不正操作(メーター戻し)がないかをチェックするシステムです。
出品される中古車の走行距離をデータベース化し、不正車両の排除、および不正行為の防止を可能にします。
一般社団法人 日本オートオークション協議会及び一般社団法人 日本二輪車オークション協会より委託され、開発・運営・管理を行っています。

走行管理個別検索システム
また当社では、個別に加入している個々の事業者(中古車販売業者様)向けに、 仕入れ車両の走行距離をチェックできる「走行管理個別検索システム」も運用しています。

メーカー系販売店向け走行管理個別検索システム
公正取引委員会より要請を受け(社)日本自動車工業会と連携し 走行管理個別検索システムをメーカー系販売店向けに開発、運用しています。

取扱いデータ件数
四輪車:導入会場125会場、登録会員3335会員、管理データ件数1億件以上
二輪車:導入会場10会場、管理データ件数214万件以上